トップページ|家作りに失敗しないための情報
 

家作りに失敗しないための情報




















 

 

建物と隣地の距離の怖い話

民法第234条1項に「建物を築造するには界線より50センチメートル以上

の距離を存することを要す」とあります。

これは有効の寸法が50センチ以上ということです。

例外は・隣人の承諾があった時。・慣習がある場合・指定地域においての外壁が耐火建築物であった

時とあります。

以前当社のお客様のお隣がこの規定を無視してまた事前に承諾を取らないで

建築確認を習得して建築しようとしました。

詳細の説明もなく基礎工事にかかりその現場をお客様が見てお隣に問いただしたのですが

そのまま工事を進めようとしたのでお客様が弁護士に依頼して差し止め請求をされました。

またそのようなやり方で工事を進めようとしたのでご近所からほかの面からクレームが入り

結局その隣人の方は工事をキャンセルした土地を売却されました。

住宅の建築はご近所との良好な関係が大切です。

当社もリフォームで失敗したことがあります。

失敗しないためにはこの要件は注意が必要です。

 

コーヨーハウジング 三つのお約束 1.お客様の納得に徹します。問診を繰り返し隠れた不満を見つけて解決策を提案する。2.正直価格のご提案。意図的に安い値段を提示して、追加で値段を上げる提案はは致しません。3.お客様を追いかけません。安心してお問合せください。誠実と笑顔で対応いたします。