無添加素材のお話

天然ムク材

天然ムク材

当然ですが、昔は木といえばムク材でした。
使用する箇所によって堅い木・柔軟な木・防水性の高い木・防虫性の高い木等を使い分けてきました。
では、現在はどうでしょうか?
反りや軋みが無いからといって、化学接着剤の塊のような集成材を使ったり、コスト面や生産性の面から、年月がたつとボソボソと剥がれてしまうようなプリントの木目で添加剤だらけの粗悪な木(もどき)が氾濫しています。
そして、万一の火災時にはそれらの「木もどき」の建材は、猛烈な化学物質をまき散らして、人間の命を奪うのです。

「無添加住宅」はムク材しか使いません。
ムク材に触れてみるとまず、その優しさが伝わってきます。夏はひんやりと涼しく、冬はじわっと温かいのです。
また、木の優しい香りに包まれてください。木立の中に居るかのようです。
無垢の木は、季節によって反ったり隙間ができることもありますが、それは木が呼吸をしている証拠です。
天然木は時間が経てば自分の油で美しくなります。ゆっくりと色に深みが増していき、ぴったりと肌に馴染む手触りになります。使い込むほどに本物の木だけが見せる味わいを感じられます。

ムク材は調湿性能も持っています。室内が乾燥すれば水分を吐き出し、湿気が多い時には水分を吸い込みます。
健康に暮らすために選んだ素材は生きています。

ムク材の使用例

Floor-フローリングに Door-ドアに  
写真 写真
  ムク材のメンテナンス
フローリングの悩みと言えば、固いものを落とした時などに出来る傷・へこみ。
無添加住宅標準仕様の無垢フローリングは、へこみを簡単に補修できます。
その方法は、へこんだ箇所に水をしみ込ませるだけ!
木の繊維に水分を与え、浸透圧を利用すて復元するのです。
繊維が生きている、ムク材ならではの方法です。
 

その他、無添加住宅ではシステムキッチンや洗面化粧台、玄関収納、押入れの中段や枕棚、クローゼットの棚板な どといった扉やキャビネット自身も全てムク材を米のりで接着した集成材を使用しています。

ムク材フローリングのバリエーション

衝撃を受け止める適度な弾力と、太陽のぬくもりや自然の息吹を感じる優しい感触。
季節を感じながら過ごす喜びを取り戻してください。

インドネシア松 樺 ナラ(オーク) シンゴン
インドネシア松 樺(バーチ) ナラ(オーク) シンゴン


 

コーヨーハウジング 三つのお約束 1.お客様の納得に徹します。問診を繰り返し隠れた不満を見つけて解決策を提案する。2.正直価格のご提案。意図的に安い値段を提示して、追加で値段を上げる提案はは致しません。3.お客様を追いかけません。安心してお問合せください。誠実と笑顔で対応いたします。